サプリメント

治療で治せる自律神経失調症|効果的にサプリを使って症状緩和

サプリでホルモンを増やす

白い錠剤

女性ホルモンの変化

女性ホルモンは女性の体を作っている大事な成分です。30才ぐらいがピークで、40代にはいったあたりから急激に減少していきます。そして40代後半から50代前半ぐらいになると卵巣機能が失われ、ホルモンバランスが乱れることで体に不調が現れます。50才前後にホルモンバランスの変化によって起こる体の不調のことを更年期障害といいます。個人差があり、ほとんどならない人もいれば、外も歩けないほど深刻な症状に陥る人もいます。更年期障害に立ち向かうには、ホルモン対策をする必要があります。つまり女性ホルモンを増やすのです。女性ホルモンを増やすのに有効なのがサプリメントです。女性ホルモン分泌を促すサプリメントを飲めば、更年期障害の症状緩和ができます。

美容にも効き目がある

一般的に45才〜55才の10年間を更年期といいます。日本人は平均的に51才で閉経が訪れるので、その前後5年間の期間です。この時期に発症しやすい更年期障害ですが、サプリメントを飲めば乗り切れます。更年期障害に有効なサプリメントには、ローヤルゼリー、イソフラボン、プラセンタ、高麗人参などがあります。それぞれに乱れたホルモンバランスを整える働きがあり、ホルモンの急激な減少から起こる更年期障害を改善できます。また、女性にとって嬉しいことに更年期用サプリメントには優れた美肌効果があります。イソフラボンにはポリフェノールが、プラセンタには成長因子やアミノ酸などが豊富に含まれていて、肌のアンチエイジングができます。